ミサワホームの産業再生機構入りで国が三千億円の損害?

 ミサワホームは産業再生機構に入らずに再生したかどうかは、立場によって意見が違うだろう。トヨタ自動車と産業再生機構は何が何でも再生機構にいれようとした、という見方はある。特にトヨタ自動車は、創業者の三沢千代治氏がトヨタとの提携に反対しているからワンクッション入れたかったであろう。


この再生機構に入ったことで、国の3000億円の金が、トヨタ自動車に入ったという試算がある。


再生機構の発表によると
.潺汽錺曄璽犧銚買取480億円(元本額)
∋郢産債蠅蛤得厳弉荳定費用と経費
8的資金導入したUFJ銀行の負担分2130億円
い修里曚の銀行負担分350億円
ゥ潺汽錺曄璽爐稜柴すべき法人税年間100億円、で合計3000億円になる。

トヨタ自動車のミサワホームの買収で国の金が3千億円使われたといわれれば、トヨタ自動車としては心外であろう。産業再生機構に入ってから、ミサワの主取引銀行のUFJ銀行が支援を頼んできたので、乗り出した、とトヨタは反論するだろう。しかし、既に書いたようにトヨタ自動車は奥田会長が再三にわたり産業再生機構入りを記者団に話している。そうしたことから見てもトヨタ自動車は国の金をうまく使って、ミサワホームを得たといえるだろう。

ミサワホームの試算価値は初めから作るとしたら3千億円ぐらいはかかるといわれている。それを10分の1の258億円で手に入れたことになる。買収当時にミサワホームの株数12913万株、価格が380円をトヨタ自動車は半分の200円で買った。この結果、含み益は230億円になった。再生機構に入ったことでトヨタ自動車は濡れ手に泡という利益を上げたが、損害をこうむった関係者も多い。例えば準主力銀行以下の地銀70行に350億円の債務免除を強要し、ゴルフ場4カ所の会員3000人に200億円の権利放棄をさせたことなどである。

このほかミサワホームの下請けに50億円の金を払っていないことで裁判になった。この裁判が和解した時にミサワホーム、トヨタホーム、トヨタ自動車に対して不買運動が起きた。

新潟地裁ではゴルフ場の預り金返還請求の訴訟が起きている。

| 1/1PAGES |

categories

links

search this site.

others