ミサワホームの販売力に目をつける

 トヨタ自動車がミサワホームに目を着けたのは販売力が強いことがある。トヨタ自動車の子会社であるトヨタホームは創業から50年以上すぎたのに未だに6万戸しか売れていないのにミサワホームは創業して約40年で120万戸を売った。創業者の三沢千代治氏は日大の建築科出身の技術家であったが販売の強化に努めてきた。ミサワホームの販売組織は全国優良会社による販売網が50社ある。これはトヨタ自動車の販売会社と同じようにその地域に力を持っている会社と合弁会社を作る。その会社が地域の会社と協力して販売していく仕組みである。ミサワホームだけの資本でなく地域の人と金を利用していくというやり方である。

 上場している販売会社だけでも北から「ミサワホーム北海道」「ミサワホーム北日本」「東北ミサワホーム」「北陸ミサワホーム」「ミサワホーム中国」「「サンインミサワホーム」「ミサワホーム九州」の7社ある。

 非上場の会社は「ミサワホーム東京」「ミサワホーム東海」「ミサワホーム近畿」「穴吹ミサワホーム」の4社ある。このうちミサワホーム東京の社長は竹中平蔵・総務・郵政民営化担当大臣の兄である竹中宣雄氏である。この竹中社長がトヨタ自動車との間を取り持ったといわれて、国会で問題になった。

 こうした販売会社に働いている社員は約1万人おり5万社の施行業者の組織がある。

 ミサワホームは住宅の修理や模様替え、増改築、リフォームのことを「ホーミング」という商標で伸ばしており、売上は150億円の事業になっている。

 ミサワホームの子会社に「MRD」社(ミサワ・リアルエステート・デベロップメント)という会社がある。この会社は全国の不動産情夫ネットワークを運営しており約5万社が参加している。さらに3000社がオンラインして情報を収集している。全国の宅地の情報や不動産物件の仲介、市場調査を30年続けている。

 このほかミサワホームは三沢千代治社長のアイデアで定期借地を活用した街作りを業界で最初に始めている。これは三沢氏が米国に行って吸収した成果を活用したものである。

 このほか、ミサワホームは高層住宅を手がけており既に100棟5000戸の実績を持っている。
 

| 1/1PAGES |

categories

links

search this site.

others