東京地検が三沢氏の告訴を受理

 ミサワホームの創業者の三沢千代治氏が05年8月に東京地検に竹中平蔵・経済財政金融担当相(現総務・郵政改革担当相)を公務員の職務乱用罪で告訴したのが、3月1日で受理された。告訴状を提出したものの現職の大臣では受理は難しいだろうと、言われていた。このように告訴状が受理されたのは最近になって竹中大臣がミサワホームに対して行った事に対して、国会やマスコミで話題になってきたからでもある。一時は三沢氏がいろいろなところで、運動してもマスコミは勿論のこと国会でも問題にもされなかった。それがまず国会で質問された。3月6日に開かれた参院予算委員会で民主党の興石東議員(山梨県選出)が質問した。

 「竹中大臣に質問いたします。03年10月14日にミサワホームの創業者の三澤千代治氏とトヨタ自動車、経団連の会長であります奥田会長が経団連の会長室、応接室で会談、奥田・三澤会談が行われているはずであります。大臣のお兄さんはミサワホーム東京の社長でもあります。その前日に三澤氏にあしたは経団連に、奥田会長に会っていただけますね、時間と場所を確認されている、電話を掛けられていることをお聞きしているわけですが、これが事実かどうか、お聞きいたします」
 竹中大臣「だれが電話したの、誰が電話しているの」
 興石議員「竹中大臣、竹中大臣」
 竹中大臣「私が三澤さんに電話をしたかどうかということ事でありましたら、そういう事実は全く御座いません。そのことは明確に申し上げておきます」
 竹中大臣は電話をしたことを明確に否定した。一方、奥田経団連会長に付いてはトヨタ自動車の広報部は「奥田会長の個人的な日程に付いては明らかにできません」という。

 国会でこれだけ問題になったことを竹中大臣は明快に否定した。一方、三沢氏は「そんなことは無い。竹中さんが電話をしてきたことと、奥田さんに呼びつけられて喧嘩別れしたことは運転手に聞いてみても分かることでしょう」と悔しそうに話している。

 4月23日に行われた衆院千葉地方区の補選で民主党の太田議員が自民党の齊藤議員を破った。小泉総理の最後の選挙で破れ、竹中大臣のこれからも厳しくなりそうだ。

 こうした情勢の中で、この問題は週刊朝日などマスコミでも扱われており、これから話題になっていくことだろう。検察庁の捜査も始まる。真相はいかに。


| 1/1PAGES |

categories

links

search this site.

others