水谷社長と三澤氏はゴルフ場の処理でも意見が対立

すでにこのコラムでも書いていますが、三澤千代治さんの失敗はゴルフ場に手を出したからです。ゴルフ場の中にある住宅を三澤さんは理想としました。米国など視察してすばらしいなあ、と思ったのでしょう。それはそれで結構なのですが、バブルがはじけてゴルフ場の会員権が売れなくなりミサワホームとしては不良債権になってしまいました。私が来た時はその処理で大変でした。
 三澤さんはゴルフ場を100箇所作る目標を立てて、社員は勿論のこと工務店や関係者に土地を探させました。いろいろな土地の情報がありました。30箇所まで作り10箇所完成しました。20箇所は途中でやめました。買った土地などを含めて簿価は1000億円を超えていました。04年にUFJ銀行からゴルフ場の処理を急ぎなさいと、いわれたそのために一気にゴルフ場の処理をしました。それに対して三澤さんは不満がありました。損を出してうることはないのではないか、ということです。北海道、新潟、山形など4箇所のゴルフ場に民事再生法をかけて処理しました。
 この中で山形、新潟のゴルフ場についてはミサワホームに対して損害賠償の訴訟が出されて争っています。山形については一審では請求棄却で勝ちましたが、原告は控訴してまだ裁判中です。三澤氏は新潟のゴルフ場については会員権を買った人にカネを返すべきだ、と言っているようですが、そんなカネはありません。トヨタ自動車がこのカネを出すべきだ、戸もいっているようですが、それこそトヨタ自動車には関係はありません。
 このゴルフ場については三澤氏は秀和にいた佐藤正和氏を常務として入社させた。佐藤氏は100箇所作るために全国を飛び回ったがよい土地は残されていなかった、と話している。そのうちに三澤氏は工務店などから上がってくる土地を佐藤氏に話さずにかいまくった、という。佐藤氏は「100箇所という目標を作ったのが間違えだった。数字に動かされて変な土地まで仕入れることになってしまった」と話す。そのときに三澤氏とゴルフ場の関係者と口約束などが、後まで響いてきた、とも言えるかもしれない。
 
  • -


categories

links

search this site.

others